スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2012.03.22 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    わんちゃんについて Part.2

    0




      こんにちは

      今回は自分達愛犬ルーツを探そう!
      ってことでお話します。

      愛犬の犬種は、どんなルーツをもつ犬か?
      意外な犬種が同じルーツ!?

      ルーツを知ることで愛犬のしつけ・接し方
      参考になっていただければ幸いです



      ワンちゃんは

      {もともとの仕事や役割でつのルーツに分かれます。


      では、順番にいってみましょう


      1)元々は高貴な人々がかわいがる目的で作った“愛玩犬(トイ・グループ)”

        シーズー・チワワ・ポメラニアン・パグ・トイプードル・マルチーズ、、、など。



       貴族や僧など高貴な人々のペットとして飼い始められたため     
      人に甘えるなど、人のそばにいるのが好きな性格です。
      その反面、いわゆるわがままになりやすい部分もあります。
      オスワリやマテなど基本のしつけを短時間でも毎日行いましょう。
      飼い主さんにべったりで依存傾向が高まる傾向もあるため、
      一日約5分愛犬をハウスに入れ、気がまぎれるおもちゃを与え、
      その間、飼い主さんは別の部屋で過ごすなど
      犬がひとりでいる時間もあえてつくると良いでしょう。

      ちなみに、ペキニーズとパグがもっとも古い愛玩犬だといわれているそうです。

                                            
       
      2)小動物の狩りで活躍“テリアグループ

       
       ジャックラッセルテリア・ヨークシャーテリア・ブルテリア、、、など。
       


      巣穴に入るウサギやアナグマを追い詰める等、小型動物の狩りで活躍!
      自分で獲物の巣穴を見つける狩猟犬だったため、
      自立心や好奇心旺盛で元気いっぱい。また、獲物に反撃されても、立ち向かう気質もあるなど、
      気が強い面もありイタズラ好き
      イタズラ防止に、噛むと音が鳴るおもちゃなど、
      狩猟本能や好奇心が満たされるおもちゃを与えると良いでしょう。
      エネルギー発散はイタズラ防止にも役立つので、散歩も充分に。
      小さい動物を警戒して向かっていく場合があるので
      猫や鳥、子供など小さい動物に慣らしたりもしましょう。

      また、嗅覚ハウンドが獲物の巣穴を突き止めたあと、
      ジャック・ラッセル・テリアなどが巣穴に放され、
      とどめの一撃を与える狩猟方法もあったとか。



      3)
      羊や牛など群れのまとめ役“牧羊犬・牧畜犬
                      (ハーディング・グループ)”


        コーギー・ボーダーコリー・シェットランドシープドッグ、、、など。

      クリックで挿入

      羊や牛の群れをまとめたり、狼などから家畜を守ってきた彼らは  
      飼い主の指示で動くというより、家畜の群れの様子や飼い主の表情を読み取って自発的に動くなど、
      働きもので、とても賢い

      しかし、逃げるものを追う習性があるワンちゃんもいるので、散歩の際には自転車などに注意!
      散歩中、バイクや自転車・子供に気づいたらおやつを与えたり、
      リードを短く持って追わせないなどをして、慣れさせたりしましょう。
      吠えてストレスを発散する場合もあるので、遊び不足に気をつけ、
      フリスビーなど、飼い主さんといっしょにする遊びで
      とにかくよく遊ばせましょう。

      家畜の群れを狼などから守っていたシェパードなどは、
      勇敢な性格でもあります



      4)番犬や護衛、軍用などとして活躍“使役犬(ワーキング・グループ)”

        バーニーズマウンテンドッグ・ドーベルマン・グレートピレニーズ・シベリアンハスキー、、、など。
              
       

      使役犬とは、狩猟や牧羊・牧畜以外の仕事をしていた犬のことで、
      番犬だけではなく、ネズミ駆除、軍用犬などで活躍!   
      特に軍用犬として活躍した犬種が多く、飼い主さんに忠実で、
      物怖じせず、勇敢警戒心が強い一面もあり
      あやしいものに向かっていく場合があるので注意!
      家に入ってくるお客さん等のことを敵と見なす可能性があるので、
      お客さんから愛犬におやつを与えてもらい、慣れさせたりしましょう。
      暇つぶしに吠えるなどの行動が出てしまうこともあるので
      引っ張りっこなどの遊びで、
      たくさん遊んでエネルギーを発散させたりしましょう。

      体の大きな犬が多い一方、家の中や馬小屋などのネズミ退治には、
      小型の使役犬が活躍しました。



      5)鳥の群れを見つけたり、撃ち落された鳥を回収“鳥猟犬
                           (ガンドッグ・グループ)”


        イングリッシュセター・ゴールデンレトリーバー・ラブラドールレトリーバー、、、など。

      クリックで挿入

      鳥猟で活躍し、鳥を見つけて人に教えたり、撃ち落された鳥を回収する犬たちで、
      飼い主さんに従う気持ちを強くもっているため、
      飼い主に従順で、飼い主以外の人やほかの犬にも友好的
      と、飼いやすい犬だといわれています。
      体が大きく力が強いワンちゃんが多いため、散歩中に引っ張られて転ぶ事故が多くみられるので
      ストレスを溜めさせない為にも
      散歩はリードをしっかり持って愛犬に引っ張らせないように注意しながら充分にとりましょう。

      吠えて鳥を追い立てるスパニエル、
      鳥を見つけて人に教えるセッターやポインター、
      撃ち落とされた鳥を拾ってくるレトリーバーの4タイプがあります。



      6)獲物のニオイや姿を追って追い詰める“獣猟犬(ハウンド・グループ)”

        ダルメシアン・ビーグル・イタリアングレーハウンド・ダックスフンド、、、など。



      獲物の追跡や追いつめたりする犬種で、  
      ふだんは穏やかなタイプの犬が多いものの、
      狩猟本能が目覚め、興奮してしまうことも!
      吠えて獲物の動きを止めるなど、仕事柄吠えやすく声もよく通るタイプが多いので、
      室内飼いの場合、窓から見える通行人に吠えないように、
      窓から遠い場所にハウスを置くようにした方が良いでしょう。
      動くものに飛びかかろうとしたり、突進しようとする場合があるので、
      散歩中の興奮(猫や枯葉に突進しようとした時)を、
      リードをしっかり持って、引っ張らせないように
      コントロールしましょう。

      ハウンドには、地面についた獲物のニオイを追跡し
      獲物を吠えて追い詰める臭覚タイプと
      視力と俊足を生かして獲物を追い詰める視覚タイプがあります。
      臭覚ハウンドは仕事柄吠えやすく、よく通ります。
      視覚ハウンドは動くものに飛びかかろうとします。


      クリックで挿入

      小動物の細い巣穴に入るのに適していたダックスフンドの場合、
      巣穴にもぐるアナグマ・ウサギ・キツネ狩りで大活躍!        
      もともと狩猟犬のため、活発で元気が良く、狩猟犬特有の気の強さが見え隠れ

      警戒心から、知らない人に吠えやすいワンちゃんもいるので、
      散歩中小さい子供が近くにいた時、愛犬が吠えない距離でおやつを与え、
      相手に慣れさせて警戒心を解くのも良いかもしれません。
      また、胴長の体形から椎間板 ヘルニアにもなりやすいので、
      愛犬が飛びつこうとしたら、マテをさせて飛びつき防止をして、
      背骨に負担がかからないようにしましょう。


      ドイツでは穴にもぐる犬種の中でもっとも優秀といわれるそう。




      7)犬の祖先に近い体つきをしているらしい、“日本原産犬
                         (ジャパニーズ・グループ)


        柴犬・秋田犬・日本スピッツ、、、など



      原産地で番犬や狩りなどで活躍!                          
      独立心がある一方、心を許した人(信頼できる飼い主)には忠実で甘える面もあるが
      野生的な性質が残っていて、警戒心が強く、吠えやすい面もあるかもしれないので注意を。
      チャイム音に吠える犬が多いようなので、
      チャイムが鳴ると、吠えるようであれば愛犬におやつを与えるなどをして、
      チャイム音に慣れさせたりすると良いでしょう。


      ほかの国から犬が入ることが少なかった島国などの犬(柴やサモエドなど)は、
      犬の祖先の姿に近いと考えられます。



      8)純血種×純血種やいわゆる雑種、ミックス・グループ”

        純血種(ダックスフンド)×純血種(チワワ)、、、など  

      クリックで挿入

      ミックスのルーツを探るのは簡単ではありませんが、        
      たとえばダックスフンドとチワワのミックスなど、親の犬種がわかる場合は、
      どちらの性質も受け継ぐ可能性があります。柴など日本犬の風貌をしたミックスなら、
      「原始的な犬・スピッツ」に近い性格かもしれません。



      ※今回紹介したのは、あくまでも犬種のルーツに基づいた性格です。
        家庭犬に向くように勝ち気な性格などを改善されてきた犬もいるため、
        なかには本来の性格が薄れている犬もいます。



      是非参考にして下さい。

                         
      次回は、犬種別にワンちゃんのそれぞれの細かいルーツについて、
      更にもっと詳しく説明していきたいと思います。

      ワンちゃんについて Part.3 を、お楽しみに!!(^o^)






                                           



      ウサギちゃんの寒さ対策

      0
         
        こんにちは(^ ^♪

        朝、夜と急に寒くなってきましたね。

        体調には気をつけてくださいね。


        さて、今回は 寒くなってきた ということで        

        ウサギちゃんの寒さ対策について”説明していきたいと思います。                                                                                                                        

                                  
        まずは、                                      
        1.寒さとウサギちゃんについて

        ウサギちゃんは寒さに強い動物だといわれています。野性下でなら、寒いときには自分の過ごしやす

        い場所、つまりトンネル内の部屋にもぐり込み、寒さをやり過ごすことができるでしょう。地中は地上

        ほどには温度が下がらず、すきま風が吹き込むこともないのです(ウサギちゃんは冷たいすきま風

        がとても苦手です!)。しかし飼育下ではそうはいきません。どんなに寒くても逃げ場がなければ、

        ウサギちゃんは体調を崩してしまうでしょう 「寒さに強い」という思い込みは厳禁です。




        次に、 室内・屋外での寒さ対策について” 説明していきます。                                                      
        2.室内での寒さ対策  

        寒い季節が到来したら
        ケージの置き場所に気を使ってください。     

        すきま風が吹き込むような場所は厳禁です。出入口の近くは、ドアの開閉の度に風が吹き込み、

        意外に寒いものですまた、暖かい空気は上昇しますので、いくら暖房を入れていても、

        ケージが置いてある床の上はあまり暖かくなかったりします。


        若干高さのある場所にケージを置いたり、ダンボールを敷くなど

        の工夫も必要となるでしょう。
         
        さて、極端な温度差はウサギちゃんの体にとって負担となります。昼間や、部屋に人がいる時には

        室温が高くても、誰もいなくなる夜間には急激に室温が下がってしまうことがあります


        夜間も暖房を入れておくか(火事、やけどには十分にご注意を!)、

        ダンボールや毛布などでケージの周囲をおおい、夜間の冷え込み

        を防ぎましょう。
         もちろん、

        床材をたっぷりと用意してあげることも有効です。

        ただし、ダンボールや毛布などでケージのまわりをぴっちりと必要以上に覆ってしまうと、

        空気がこもって汚れてしまいます


        新鮮な空気の流れは確保しつつも、床冷えなどによる寒さを防げる位、ほどほどに覆いましょう。
                            
          
                                  

        3.屋外での寒さ対策

        屋外でウサギちゃんを飼っている場合、固体が健康なら、冬でも屋外での飼育を続けて問題ありま

        せん。家に入れてみたり外に出してみたり、ということを繰り返していては体調を崩してしまいます

        陽当たりのいい場所に飼育小屋を置き、床材はたっぷり用意し

        ましょう。

        寒いうえに雨や雪で体が濡れてしまうのはよくありませんから注意してください。


        湿った床材すみやかに交換しましょう。

        また、寒くなってくる前にすきま風が吹き込まないかどうかなど、

        飼育小屋のチェックも必要です。

        大雪が降ったり、激しい寒波が押し寄せてきたようなときには、

        室内に移してください。                            
                                                 
        上の説明のを下ののようにリストにまとめてみましたので、是非参考してください。


        4.寒さ対策リスト

        すきま風が吹き込む所にケージを置かない

        若干高さのある所にケージを置いたり、ダンボールを敷く

        夜中はダンボールや毛布でケージの周囲をおおう

        床材(とこざい)をたっぷり入れる

        陽当たりのいい場所に小屋を置く(屋外飼育の場合)

        屋外飼育の場合、大雪や激しい寒波が押し寄せた時は屋内に移す



        また、ウサギちゃんの調子が悪いときの信号としては、  


        1.食欲がなくなる
        2.元気がなくなる
        3.便の大きさが小さくなる
        4.便の数が少なくなる
         等が挙げられます。                       

        是非お気を付けください!!


        猫ちゃんが食べちゃいけない食べ物について

        0


          こんにちは。

          10月に入りました。

          寒くなったり、暑くなったりと
          ちゃん、ちゃん、そして私達も体調を崩しやすい季節となりましたのでお気をつけください。


          さて、季節は秋、食欲の秋にちなみまして、

          今回は 猫ちゃんが食べちゃいけない食べ物について” 説明したいと思います。

          ねだられると、ついあげたくなってしまいますが、猫ちゃんにとって危険な食べ物は色々あります。

          以下のようにリストにあげてみましたので、是非参考にしてください。


          まずは、
          1.ちゃんにおねだりされても絶対あげちゃいけない
              人の食べ物リスト

          玉ネギ    有機チオ硫酸化合物が原因で、貧血や血尿を引き起こします。

          チョコレート 含まれているテオブロミンという成分で、中毒を起こします。心臓への負担大。

          イカ・タコ ビタミンBを阻害する成分が入っています。

          貝類    ビタミンBを阻害され、消化不良で下痢になる可能性も。

          お酒    5.5〜6.5ml/kg与えると、致死量にあたります。
                     それ以下でも猫への負担は大きいです。

          人用の離乳食   玉ネギが含まれていることが多いです。貧血や血尿を引き起こす原因に。

          生タマゴ   ビタミンBの吸収を妨げます。

          ツナ缶    人間用はNG。猫にとっては油分が多すぎ。猫用よりビタミン、ミネラルも低いです。

          ドッグフード  人間の食べ物ではありませんが要注意。必須アミノ酸が足りずに栄養失調に。

          ※塩分・糖分の多いものは控えましょう!!



          つぎに、 “猫ちゃんが食べていい植物、いけない植物について” 説明していきます。 

          2.ちゃんが食べていい植物

          タンポポ 

          レタス 

          カモミール(カモマイル)

          イネ科・ムギ科全般

          OKでも、どれも食べ過ぎには要注意!です

          3.ちゃんが食べてはいけない植物

          アイビー       嘔吐、下痢、腹痛になります。

          ポトス         口の中が腫れます。

          アロエ        下痢をしたり、体温が低下します。

          トマト         皮膚がかぶれます。

          スズラン       嘔吐、下痢、腹痛に。心臓にも負担大。

          ポインチセチア  嘔吐や下痢、口の中に激痛を感じます。

          アサガオ      嘔吐や下痢を引き起こします。

          チューリップ   皮膚がかぶれます。



          猫ちゃんは毛玉を吐くために色々な植物を食べちゃいます。

          猫ちゃん自身では、食べてはいけない食べ物・植物を区別することができないので、
          くれぐれも上記のリストの人の食べ物・植物を猫ちゃんが食べてしまわないよう

          ご注意ください!!!m9(゜д゜)





          わんちゃん(犬種別)について Part.1

          0
             


            楽しい夏もアっという間に終わり
            季節はもう夏から『』になりまして、
            朝晩冷えるようになってきましたね

            今年の夏はどうでしたか?
            家族・友達・子供・どうぶつ達と…
            楽しい思い出と共に、この厳しい残暑を乗り切りましょう!


            前回はねこちゃんのお話でしたが、
            今回はわんちゃんのお話です


            本日は

                『犬種別シーズー ・チワワ ・トイプードル ・ミニチュアダックスフンド》
                
            かかりやすい病気について』
                                         のお話をします。



            シー・ズー
              遺伝的に目や皮膚の病気になりやすいです。

            ★アトピー性皮膚炎
            ★外耳炎
            ★ドライアイ

            ドライアイは分泌される涙の量が減少するために起こる角膜と結膜の炎症。
            治療せずに放置すると失明する恐れもあるので、
            目ヤニがでたらすぐ病院へ!点眼薬で治療します


            チワワ
              頭の形から生まれつき脳神経の病気にかかりやすいです。

            ★前肢骨折
            ★水頭症
            ★てんかん

            てんかんは脳の神経伝達に異常が起こることで発症。
            体や足が痙攣します。
            薬の使用で症状がおさまることもあれば、重症化すると
            命の危険もある怖い病気です。
            主に薬で治療します


            トイ・プードル
              体格に対し、前足が長いため脱臼や骨折に注意!

            ★前肢骨折
            ★膝蓋骨脱臼

            膝蓋骨脱臼は小型犬に多くみられる病気ではありますが、
            生まれつき膝関節がはずれやすい構造の仔に起こりやすい。
            これは軽度から手術が必要なほどの重度まで、個人差が大きいです



            ダックスフンド
            アナグマ狩り専用として1900年代に誕生した、
            狐・兎狩りで活躍する活発で元気な仔!

             胴が長く足が短いので骨・関節まわりに注意です。

            ★膝蓋骨脱臼
            ★自己免疫疾患
            ★椎間板ヘルニア

            特に椎間板ヘルニアは背骨である脊椎と脊椎をつなぐクッションの
            役割をしている椎間板がつぶれ、飛び出ることで神経を圧迫する病気。
            激しい痛みを伴い投薬や手術での治療が必要になります。



            今回は4犬種についてお話しましたが、
            ここまでお付き合いありがとうございます。

            どの病気も治療によって良くなったり、症状が軽減したりします。
            また、できる限り早期発見、治療することが大切です。

            もしも飼い主様のわんちゃんが、今回取り上げたお話に心あたりがあるようであれば、
            どうぞお気軽に当院にご相談ください。

            次回の更新もお楽しみに




            猫ちゃんについて Part,1

            0
               

              こんにちは

              9月も半ばだというのに
              暑い日がまだまだ続きますね;;
              お体の方の調子は大丈夫ですか?
              飼い主の皆様もお気をつけください(^^)


              今日はブログ “ ちゃんについて Part,1 ”です

              さて、その内容は

              猫ちゃんは4つの理由で噛んだり、引っかいたりする!? 』です。

              こちらについての理由と対策をお話します

              まずは理由から…

              恐怖不安感じて自分の身を守りたいから

              不快なことから逃れたいから

              3をする気分だから

              欲求不満解消したいから

              以上の4つがあげられます

              では、1つずつ対策もお話していきましょう。


              ☆1つ目の恐怖や不安は、
               
               苦手な人に近づかれたり、飼い主さんが外出しようとした時など。
               極度に緊張しているため本気で攻撃してくることが多いです
               
               ですので、まずは  『 安心 』 させてあげましょう!
               隠れ場所を何箇所か作ってあげるのもいいですね


              ☆2つ目の不快は、
               
                構い過ぎたときや爪切りなど。

                “もうしないで”という猫ちゃんの意思表示となっている可能性があります。
               決して飼い主さんを嫌いになったわけではありません…のであしからず。
               
                そんな時は…

                『 猫ちゃんのペース 』 に合わせてあげましょう。
               もしも、爪がでたり体がこわばっている時などの様子がみられたら
               構うのは一回やめて様子をみましょう。危険です


              ☆3つ目の狩りをする気分は、
               
                遊んでいる時やじゃれている時なので

                『 遊び方に工夫 』するといいです。
               
                そんな時は…
               
                興奮してきたと思ったら猫ちゃんから少し離れてみたり
               おもちゃで遊ぶ方が楽しい!なんて思わせるのも
               いいかもしれません。


              ☆最後4つ目の欲求不満が理由な時は、
               
               フードなどをおねだりする時や、かまってほしい時です。
               
               そんな時は…

                『 ストレス 』をためさせないようにしましょう。
               攻撃してストレス解消ができるとわかってしまうと
               だんだんエスカレートしがちになってしまいます
               爪とぎ器は爪のメンテナンスだけではなく
               ストレスを発散できる道具でもあるのでいいですよ!


              猫ちゃんに噛まれたり・引っかかれたりすることで
              人に感染してしまう病気もありますので、気をつけましょう。

              本日のお話が、猫ちゃんと仲良く暮らしていける中で
              一部の参考になれたら幸いです。


              次回は、“ ワンちゃんについて Part,1 ” ですっ

              それでは、お楽しみに☆+゜



              カラーリングについて

              0




                こんにちは


                夏の暑い日が続きますね☆
                8月ももう後半です

                まだまだ
                お祭りに旅行、川あそび…
                たくさん楽しいことがあると思いますが、


                熱射病 には、お気をつけください。





                さて、今日は

                についてお話します

                わんちゃんにカラーリング?

                なんて人も多いかと思いますが、
                わんちゃんの可愛らしさをより一層引き立てることができます


                腕にラインを入れて
                ブレスレットをしているようにしてみたり…











                しっぽの先も染めてみたり…




                好きな所に、好きな色で、好きな模様を☆

                また年齢などで毛の退色が目立つ子もいます。
                そこで、そのワンちゃん本来の毛色に近づけるよう
                全身もカラーリングしたりもできます


                カラーリングをするにあたっての注意
                カラーリングは犬ちゃんの毛の色によっても、
                  実際の仕上がりと若干異なる場合がございます。
                  また、時間経過と共に色あせがございます。
                染色部分を元の毛色に戻す
                  カラーリング剤はありませんのでご注意下さい。
                皮膚の弱い犬ちゃんなどは、
                  カラーリングをお断りする場合がございます。


                他のわんちゃんとはちがう
                オシャレをしてみてはいかがですか


                もし、カラーリングは…
                なんて方には、“ エクステ ”(付け毛) なんかもありますよ

                どうぞお気軽にご相談ください。










                病院のHPが出来ました!

                0
                   こんばんは。今日は七夕でしたが、今年も曇っていて星が見えなくて残念です。

                  早く、梅雨が明けるといいですね。

                  さて、病院の話になりますが、先日お話していました当院のHPが出来ました!

                  まだ作りたての状態なので、キーワードでは検索できない状態なのですが、

                  下記のアドレスになりますので皆様ご覧になってください。

                  こちらをクリック→http://www.seisen.co


                  そして、こちらが当院のアニマルキャラクターになります。




                  HP内の様々なページに登場していますのでこちらもぜひご覧になってください。

                  院内や病院の看板などにも登場しております。

                  デザイナーである渡部 学様にこちらのキャラクターのデザインをしていただきました。








                  アロマシャンプーについて

                  0


                    こんにちは

                    今年は早々梅雨もあけまして
                    毎日暑い日が続きますが、皆さん体の方は大丈夫ですか?

                    当院にはミニウサギの真っ白い 「おもち」 という子がいます
                    お嬢様のおもちさんもこの暑さのせいかバテバテであります





                                    …いや、ほんとかわいいんですよ〜




                    さて 

                    突然ですが、ワンちゃんも飼い主様も一緒にされたい
                    なんて時はありませんか?

                    そこで今日はアロマシャンプーについて紹介したいと思います

                    実はワンちゃんにもアロマがあるとご存知でしたか?

                    アロマシャンプーとは、天然フルーツ成分が配合されているシャンプーのことです。

                    素敵なアロマの心地よい香りで、
                    ワンちゃんと飼い主さんを優雅な時間へと導きますよ

                    また、体臭が気になる毛艶をよくしたいワンちゃんに特にスメです


                    現在当院では、
                    ブラックチェリー” と “ジンジャー
                    の香りのアロマシャンプーを使っています。



                    ジンジャー



                    抗菌性成分配合
                    で、
                    汚れを取り除きたいときや、かゆみを感じるワンちゃんに
                    冷え、疲れ、筋肉の緊張をほぐす働き血行促進や雑菌効果ありです
                    ジンジャーの辛味成分(ジンゲロン)が体を温めてくれます。
                    低刺激で、敏感肌、乾燥肌、アレルギー肌、フケ症、
                    肌の弱い子にオススメなシャンプーです

                    実際に私の家のわんちゃんもフケがなくなりました\(^0^)/





                    ブラックチェリー



                    天然の香りにシルクプロテイン配合
                    サラサラとした活力のある被毛に
                    シルクアミノ酸成分が配合されているので、
                    痛んだ被毛に栄養を与え健康的な被毛に戻してくれますよ。

                    個人的に私は一番好きな香りですね\(^0^)/




                    プログルーマーさん、獣医さんが推奨しています







                    そして、シャンプーの後は
                    コンディショナーです^^

                    シャンプー後は皮膚を守る油脂性分泌物を洗い流してしまいます。
                    なのでシャンプー後はコンディショナーを使い、
                    失った
                    油脂性分泌物を再生させ、皮膚腺の働きを活発にさせます。






                    こちらのお写真は先日当院でアロマエステをしてくれた子です

                    コンディショナーの際に一緒にマッサージもしますので
                    とても気持ちよさそうにしてくれていました

                    今回ジンジャーを使用で、
                    仕上がりがとてもよく、毛もサラサラになりました



                    どうですか、
                    少しは興味を持っては頂けましたか


                    “ 少しでも興味を持った、やってみたい! ”

                    という方は、いつでもご連絡ください

                    随時トリミング予約受付しております。





                    マイクロバブルバスの紹介

                    0
                       こんにちは

                      ジメジメした暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

                      本日は当院のトリミング施設にて使用しているマイクロバブルバスについて説明したいと思います


                      マイクロバブルバスとは、細かい無数の泡が皮膚の毛穴をすみずみまできれいにする装置の事で、普段のシャンプーでは落としきれない毛穴の中に溜まった汚れをごっそり取り除いてくれます
                       
                      この装置は、皮膚の弱い子や、皮膚病の子の治療にも使用されており、もちろん健康な子に対してもおすすめです




                      毎日お風呂に入ることのないワンちゃんの為にも一度ご利用になってみてはいかがですか。


                      また、この装置はオゾン温水シャワーも使用しています

                      オゾンは自然の力です、空気を原料に作られるオゾンはすべて空気に戻ります。
                      薬品など人工的に化合したものではないので残留毒性がなく、低濃度で使用しているため目や、口に入っても安全です

                      オゾンの力で余分な皮脂を分解・洗浄しふわっと仕上がり、嫌な臭いもなくすっきり清潔に保ってくれます



                      こちらがマイクロバブル&オゾン発生装置です。

                        




                      まず始めにシンクに生温かいお湯をはり、湯船にします。
                      その次にワンちゃんを湯船に入れ、マイクロバブルが出るシャワーを、湯船の中に入れたり、全身に行き渡るようにかけたりします






                      この子もマイクロバブルが気持ちいいのか、途中から気持ちよさそうに目をトロ〜ンとさせてリラックスしていました




                      お家のワンちゃん、ねこちゃんで皮膚が弱い子や、皮膚の汚れのトラブルが気になるようなら一度、マイクロバブルを試してみてはいかがでしょうか
                      とっても効果がありぜひオススメですよ


                      もう少しで病院のHPが完成します。

                      0
                         こんばんは。

                        徐々に暑くなってきましたね。

                        さて、清泉どうぶつ病院のホームページを只今作成中で、もう少しで完成いたします。

                        当院の施設や診療・トリミング等について詳しくご案内しておりますのでどうぞご閲覧ください。



                         来月の休診日のお知らせです。

                        誠に勝手ではありますが、7月2日は都合により、休診とさせていただきます。



                        PR
                        calendar
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << October 2018 >>
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM
                        JUGEMのブログカスタマイズ講座